アメリカ留学

留学先として一番人気が高いアメリカ。

この国の魅力は人によって、そして留学の目的によってそれぞれでしょうが、世界のリーダーを自認する国ですから、学問だけでなくスポーツやアートなどを含む各分野の水準が世界トップクラスである、世界中からトップレベルの人材が集まっている、と言えるでしょう。

開放的で、誰にでもチャンスが与えられていることも挙げられます。

専門分野だけでなく、英語を勉強する環境も幅が広く、選択肢が多いです。

場所にもよりますが、日本人も多いので、和食屋、日本のスーパーやビデオ店などもあり、日本食の食材や本なども入手しやすいです。

都市別に見ると、ニューヨークやボストン周辺、そしてカリフォルニア州の人気が高いです。

ワシントン州のシアトル周辺やフロリダ州の人気も高いですが、アメリカは広いので、留学先は他にもシカゴのような大都市から中小都市や小さな町までたくさんあります。

アメリカの英語学校は1000校以上もあり、大学付属のESLコースや私立の英語学校があります。

私立の語学学校の中には、大学のキャンパス内にあるものもあり、大学の施設を利用することができます。

その他の進路としては2年制大学のコミュニティカレッジ、4年制大学、専門学校、大学院などがあります。

ビザは週18時間以上のプログラムに参加する場合は、2週間ほどの超短期留学であっても学生ビザが必要です。

ビザの種類は、語学学校・コミュニティーカレッジ・大学・大学院の場合は学生ビザのF-1、専門学校の場合は専門学校留学生ビザであるM-1が必要となります。

TOEFL(iBT)の目安はコミュニティカレッジで45-61、4年制大学で61-80、大学院で79以上です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ