マレーシア留学

マレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とするイスラム教国です。

隣接国はタイ、シンガポール、インドネシア、ブルネイ。

タイとはマレー半島北部で国境を接しています。

マレー半島の領域を「半島マレーシア」、ボルネオ島の領域を「東マレーシア」と呼ぶのが一般的です。

マレー半島とボルネオ島の行き来には、マレーシア国民も含めてパスポートが必要です。

多民族国家のマレーシアの言語は、マレー語、中国語、タミール語、そしてイギリス植民地時代の公用語であった英語です。

英語はマレー語や中国語がミックスされた独特のアクセントではありますが、英語学校には留学生だけでなくマレーシア人も多く通っていますし、シャイな日本人にとっては間違いを怖れることもなく、発言のしやすい環境なのではないでしょうか。

マレーシア留学の特徴としては、まず学費も物価も安いので、留学費用を抑えられるという点が挙げられます。

また、英語だけでなく、マレー語や中国語を学べるコースもあるので、多言語を学べるチャンスもあります。

留学の種類は語学学校、大学、専門学校など。語学学校にはELSランゲージセンター、ICLS、インターナショナルハウス、ブリティッシュ・カウンシルなどがあり、大学にはINTIカレッジ、Nilaiカレッジ、マラヤ大学などがあります。

観光ビザで3ヶ月間滞在することができます。

一度マレーシア国外に出れば、再び90日の滞在が許可されます。

ELSでは学生ビザがないと2カ月以上受けることができないようです。

大学に行くための学生ビザは、現地で申請(切り替え代が高いですが)する人も多いようです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ