フィリピン留学・セブ留学

日本から最も近い英語圏であるフィリピンは、アメリカ・イギリスに次いで、世界で3番目に英語を話す人が多い国です。

公用語はタガログ語と英語です。

注目を集めているフィリピン留学ですが、特徴の一つは物価が日本の約1/6~1/3と安いことから、格安で留学を実現できることです。

学費、滞在費、生活費、娯楽費など全てのコストを抑えることができるのです。

もう一つの特徴は、英語のマンツーマンレッスンを格安で受けられることです。

フィリピンには約700校もの英会話学校が存在し、1~8人程度の少人数制が基本です。

マンツーマンレッスンは語学上達に効果的ではありますが、通常日本や欧米では1時間7000円ほどかかってしまうのが当たり前です。

受講料が格安な理由には、人件費が低いことがあります。

しかし授業料が格安でも、レッスンの質が低いわけではなく、経験豊富で優秀な講師も多いです。

フィリピンの都市には、東洋最大のスラム街があるマニラや、ルソン島北部のバギオなどもありますが、特に人気が高まっているのはリゾート地のセブ島です。

常夏の気候で過ごしやすく、外国人も安心して生活することができる所です。

優良な語学学校が集まり、落ち着いて英語の勉強ができる環境が整っています。

また、ダイビングなどのマリンスポーツを楽しむこともできます。

観光目的の滞在で21日以内であればビザは必要ありませんが、パスポートの残存期間が6カ月以上でなければなりません。

21日以上の場合は、現地でビザの延長が可能です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ