留学とクレジットカード

留学中に持っていると便利なのが、クレジットカードです。

特にアメリカは、カード社会であること、現金を持ち歩かない習慣があることも事実です。

持っているだけで身分証明書代わりにもなります。加盟店が多い理由から、VISA か MasterCard が一番便利でしょう。

長期留学であれば現地の銀行で口座を開設することになるでしょうから、小切手とチェックカードを利用できます。チェックカードは銀行によって VISA か MasterCard 提携のものが多く、レストランやバー、スーパーやデパート、ネットショップなどで、クレジットカードと同じように支払うことができます。

クレジットカードは落としたり失くしたりして、悪い人に拾われて使われてしまったらアウトですが、チェックカードは小切手(チェック)と同様、レシートに本人のサインが必要となるので、ちょっぴり安心です。

しかしホテルやレンタカー会社、レンタルビデオ屋などでは、正式なクレジットカードを求められ、チェックカードは使えない場合もあります。

クレジットカードを持っていない場合は、家族のクレジットカードで家族会員カードを作ってもらうことが一番簡単ですが、個人名義で取得できる留学生用のクレジットカードも発行されています。

発行までには約2~4週間かかるので、余裕を持って申し込みましょう。

留学生用クレジットカードを選ぶときのポイントは、<入会金・年会費が無料であること><紛失・盗難時の全額保証><海外傷害保険付き>です。

旅行傷害保険やマイレージサービス、海外サポートデスク、海外キャッシングなどが付いているものもあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ