留学時の両替

留学をするときは、日本円を現地通貨に両替しないと、留学先で支払いができません。

クレジットカードがあれば授業料の支払いもできますし、海外で利用できるキャッシュカードがあれば現金を引き出すこともできます。

多少のキャッシュは持っていた方が安心で便利です。

しかし授業料などの大金を現金で持ち歩くのは盗難・紛失の可能性を考えると危険なので、トラベラーズチェックと適度な額の現金を用意しておくのがベストでしょう。

空港の両替所で両替をすることも可能ですが、手数料が高いのでおすすめではありません。

日本の銀行でトラベラーズチェックを購入するときに同時に行うか、現地での正規の外為取扱い銀行での両替がおすすめです。

国政が安定していない国では、道端に偽札と交換する無免許の両替商もいたりするので、注意が必要です。

銀行での外貨両替のデメリットは手数料です。

1米ドルあたり3円もかかってしまいます。その手数料が0.2円になるということで注目が集まっているのがFX会社の外貨両替サービスです。

FXとは外国為替証拠金取引と呼ばれる投資の一つで、投資資金の最大200倍の金額で通貨の売買・保有を行い、売却益・スワップポイントという金利を得るというもの。

FX業者で口座を開設し、米ドル普通預金口座かシティバンクのマルチマネー口座があれば、外貨両替サービスを使って手数料を抑えることができるというわけです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ