留学中の資金管理

留学中のお金の管理についての注意点としては、多額のキャッシュを持ち歩くのはなるべく避けることです。

短期留学の場合は、必要最小限の現金に加えて、クレジットカードやトラベラーズチェックを利用しましょう。

長期留学の場合は、現地で普通預金口座を開いてお金の管理をするのが一般的であり、ベストな方法です。

銀行口座を開設すれば、日本から送金してもらうことが可能です。

また、小切手、キャッシュカード、チェックカードも利用できるようになり、日本と同じように銀行やATMで現金を下ろすことができます。

ATMは案内が現地の言葉であるだけで、使い方は日本と変わりません。暗証番号と金額を入力し、明細書も出てきます。

チェックカードの使い方はクレジットカードと同じで、唯一の違いはカードホルダー本人がレシートに著名をしなくてはならないことです。

小切手の注意点としては、まず残高の確認が挙げられます。

口座にお金がないのに小切手を切ってしまうと、当然引き落としができないことになり、小切手不渡りとしてペナルティー料が発生してしまいます。

もう一点は、小切手を使い慣れていない日本人は、小切手の記入に初めは時間がかかってしまうことです。

サインを日本語にしている場合は、著名以外は全て現地の言葉で記入しなくてはなりません。

日付もそうですが、店の名前・スペルの確認も必要ですし、金額も数字だけでなく文字でも書かなくてはならないので、慣れるまでは落ち着いて書きましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ