留学中にも応募できるグリーンカード

アメリカに留学予定または留学中の人の中には、アメリカ永住を目指している人もいると思います。

しかしアメリカの大学を卒業後に、スポンサーになってくれる就職先を探して、労働ビザを取得するのでさえ簡単なことではなく、その後のグリーンカード取得まではかなり長い道のりです。

しかし誰にでも平等にチャンスがあるのが、米国永住権抽選プログラム(DVプログラム)です。「Diversity Visa Lottery」のことで、グリーンカード・ロッタリーとも呼ばれます。

これはアメリカ合衆国国務省が世界各国からの移民を分散化する目的で、1994年から開始されたプログラムで、1年に1度行われています。

昔は国際結婚、または雇用でしか取得できなかったグリーンカードですが、コンピューターによる無作為な抽選によって、誰にでもチャンスが与えられることになります。

世界中どこからでも応募できるので、留学前に日本からでも、留学中にアメリカからでもエントリーすることができます。

競争率は高く、日本人の当選人数は毎年300人前後ではありますが、アメリカに永住する気持ちが固まっているのであれば、毎年応募してみる価値はあるでしょう。

ただし、永住権をとることができても、選挙権はありません。

このページの先頭へ

  • サイトマップ