海外留学と保険

海外留学では予期せぬトラブルや病院に行かなくてはならない状況が絶対に起こらないとは言い切れません。

また、多くの学校の留学生の入学条件に、保険に入っていることが含まれています。

何かあってからでは遅いので、ちゃんとした保険に入っておきましょう。

保険にも日本の会社、そして現地の保険という選択肢があります。

留学先の学校がすすめてくれる安価な保険もありますが、補償内容をしっかり確認する必要があります。

まだ英語力が足りなくて、各保険内容を理解するのが困難という場合は、日本で渡航前に入っていくのがベストかもしれません。

代表的な留学生保険が「AIUの留学生保険」と「ジェイアイ傷害火災の海外留学生保険」です。

普通の海外旅行保険と同じく、傷害・疾病・救援者費用・手荷物遅延・航空機遅延も含まれますが、他と違う補償内容は家主への賠償責任もカバーする<賠償責任>、家の家財・身の回り品もカバーする<生活用動産>、そして家族の死亡・危篤による一時帰国の費用をカバーする<緊急一時帰国費用>のオプションもあります。

つまり長期滞在に起こりうるリスクを総合的にカバーしてくれます。

その他には「三井住友海上」、「エース保険」、「東京海上日動」、「日本興亜損保」、「あいおい損保」、「損害保険ジャパン」などがあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ