留学の期間

留学は短期が良いとか、長期の方がおすすめなどと言い切れるものではありません。

それぞれにメリットもデメリットもあるからです。

短期留学のメリットは、短期間に集中して学ぶことができること、時間やお金に限りがある人でも留学を体験できることなどでしょう。

社会人でも1-2週間、学生でも夏休みを利用した1か月で留学ができるのは魅力です。

ある程度語学力のある人は特に、集中コースを選ぶことで短期間でも語学力アップは可能です。

短期留学のデメリットは期間が短いので思うように語学力が付かない内に終わってしまう、帰国後も語学力を試す環境がなくてせっかく身に付けた語学力が衰えてしまうことなどが挙げられるでしょう。

しかし逆に、短期間で学んだものを活かせる環境に身を置く努力をすれば良いわけです。日本に帰った後も学習を続ける、語学力を試せる場に積極的に出かけるなど、方法は色々あるはずです。

長期留学のメリットは、語学が目的でも専門分野が目的でも、時間をかけて学ぶことができることでしょう。

デメリットはホームシック、帰国後の0からの人脈作りなどが挙げられると思います。

今の時代語学、特に英語を話せる人は五万といるわけですから、語学力とプラスアルファのアピールポイントを持たないと、生き残るのは厳しいかもしれません。

また、大学など数年の留学になると、日本に帰ったときに浦島太郎状態になることも覚悟しなければなりません。しかし目的がはっきりしていてその目的が達成できれば、そのような問題は全て難なくクリアできることでしょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ