留学にも役立つビジネスレターの書き方

留学前でも留学中でも、学校の資料請求や特別なお願いなど、ちゃんとした手紙を書かなくてはならない場面もあるかと思います。

海外ではファーストネームで呼び合うなどフレンドリーなやり取りも多いですが、正式な申し込みなどであまりにもなれなれしかったり、タイプミス、スペルミスだらけの手紙では、ふざけていると思われてしまうかもしれません。

ここでは一般的なビジネスレターの形式をご紹介します。

まずは返信用の住所(自分の住所)、そして日付を入れます。

スペースを空けたら、次に相手の名前と住所を書きます。

またスペースを空け、次は「Dear ○○」。そして文章に入ります。

文章の最後に「Sincerely」などの敬具にあたる結び文句を入れます。

サインをするためのスペースを3行ほど空けて、名前を入れます。全て左寄せで構いません。

1234 Princeton Street, Apt.#105 (*「St.」や「Ave.」のように略すのは避ける)

【都市名】,【州】【郵便番号】

【国名】

May 18, 2010

Mr. Richard Richardson

5678 Grand Avenue

【都市名】,【州】【郵便番号】

Dear Mr. Richard Richardson

【本文】

Sincerely

Hanako Sato

このような感じです。ちなみに「Dear ○○:」とした場合は「Sincerely,」、上記のようにコロン「:」を付けない場合は敬具の後にもカンマは付けません。

このページの先頭へ

  • サイトマップ