留学までの流れ

語学の習得、異文化に触れる・現地の人達との交流、または専門分野の勉強などの留学目的が明確になって留学を決意したら、まずは情報収集です。その中で予算を考えながら、留学の種類(短期留学/長期留学、語学留学/大学などへの正規留学)、そして行き先(国と都市)を絞り込んでいき、最終的に学校を選んでいきます。

学校が絞り込めたら、資料を集めて入学条件などを確認します。一番のポイントは語学力です。

語学学校であれば語学力が問われることはまずないですが、大学や大学院留学の場合はTOEFLやIELTSなど、学校側が求める語学力判定テストを受けておきます。

必要なテストスコアに達したら、必要書類を準備して出願します。

学校に受け入れられれば入学許可証が送られてきます。

すぐに授業料を支払う必要があれば学校に送金し、ホームステイや学生寮の申し込みも済ませます。

現地の方の手配が整ったら、次は渡航準備です。パスポートがなければ入手し、ビザが必要であれば申請をします。

そして航空券の予約、留学保険の加入を済ませます。

最後に持ち物を確認し、郵送する場合(特に船便で送る場合)は早めに業者の手配をしておきます。

到着後、空港まで迎えに来てもらう場合はピックアップサービスの予約をし、タクシーやバスを利用して自分で滞在先へ向かう場合は、行き先のメモや小銭を含むキャッシュも用意しておきましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ