留学する学校の選び方

高卒の人であれば、語学学校・2年制大学・4年制大学のどれを選ぼうかと迷うこともあるかと思います。

(ちなみに中卒・高校中退でも受け入れてくれる大学もあります。)

英語圏への留学であれば、英語力、TOEFLの点数、留学期限、費用の限度額によって、選択も変わってくるでしょう。

TOEFLの点数が足りていて、留学期間が決まっている場合は、真っ直ぐ4年制大学を狙うのがベストでしょう。

英語力が足りなくて最初は授業についていくのが大変かもしれませんが、必死で頑張ることになるのでそれだけ短期間で語学力がアップするでしょう。

語学力があまりにも足りない場合は、留学生用のESLのクラスも用意されています(しかも卒業単位に含まれる場合もアリ)。

もし専攻がまだ決まっていない場合でも、必須科目をクリアしていく初めの2年間でじっくり考えることができます。

アメリカの大学であれば、クラスをいくつか取り直す必要はあるかもしれませんが、日本のように再受験などすることなく途中で専攻を変えることも可能です。

勉強したいことは決まっていて大学には行きたいけれど、TOEFLの点数が足りないという場合は、2年制大学という選択肢があります。

要求されるTOEFLの点数が4年制大学よりも低いので、2年制大学でみっちり語学力をつけてから4年制へ編入することができるわけです。

またアメリカのコミュニティカレッジは4年制の私立大学に比べて学費が安いので、2年間で必須科目を全て終わらせて費用を浮かせて、残りの2年間4年制大学で専攻分野を学ぶということもできます。

一つだけ注意が必要なのは、英語力が低いとすぐには大学レベルのクラスを取らせてもらえず、2~3段階のリーディング(読解力)とライティング(書く能力)のクラスを受けなくてはならない可能性があることです。

それらは卒業単位には含まれないので、それだけ時間がかかってしまうということです。

しかし大学レベルに到達する頃には、十分授業についていける語学力がつくので、後の苦労を減らせる選択肢ではあります。

2年制大学に必要なTOEFLの点数に足りていない、または時間と費用には余裕があるのでまずは集中して語学力をつけたい、または留学できる期間が1年未満などの場合は、語学学校が賢い選択でしょう。

スタート時の語学力は問われないので、簡単に入学を受け入れてもらえます。

注意点はプログラム内容を確認すること。中には授業時間が短いところもあるので、できるだけ短期間で集中的に学べる充実したプログラムを選びたいものです。

夏休みや会社の短期研修期間を利用した語学留学にもおすすめの選択肢です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ