正規留学とは

「正規留学」とは、海外の高校、短大、大学、大学院や専門学校に現地の学生と同様に入学し、卒業に必要な単位を取得して、卒業すること・学位を取得することを目的とした本格的な留学のことです。

一定期間(通常1年)のみ留学してその後は帰国して日本の学校を卒業する「交換留学」や、語学力アップ、海外生活体験、習い事などの上達が目的の「語学留学」や「おけいこ留学」「プチ留学」といった短期留学は、正規留学に含まれません。

正規留学の特徴は、まず2~4年はかかる長期留学となるので、短期留学に比べると費用がかかることです。

そして語学留学とは違って、英語力・成績・学歴などの入学資格が問われるので、TOEFLのスコアなどの基準をクリアしなくてはなりません。

正規留学のメリットとして第一に挙げられる点は、語学力でしょう。

現地の生徒の中に入ってもまれながら、卒業に必要な条件を全て満たすわけですから、得られる語学力は短期留学とは比べものになりません。

高校正規留学の場合は、帰国して大学進学するときに、帰国子女枠入試という特別な進学枠があります。

また、海外の大学卒業後、現地での就職を考えている場合は、正規留学中に色々調べたり人脈を広げたりインターンシップを経験したりできるので、有利になるでしょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ