留学のための奨学金

海外留学はお金がかかるものですから、奨学金(スカラーシップ)を受けることができれば、留学費用を抑えることができます。

特に資金に限りのある人は、チェックをしてみることをおすすめします。

奨学金にはこれから留学する人を対象にした日本で募集されているもの、留学中の学生を対象にした現地で募集されているもの、長期留学に出されるもの、短期留学に出されるものなど、種類も色々あります。

また奨学金の中には返済が不要な給付型だけでなく、貸与型、つまりローンのものも含まれるので(有利子のものもあり)、計画的に利用することが必要です。

日本の学生である必要があったり、成績優秀者のみに与えられるもの、経済状況が困難な者に与えられるものなど、条件も様々なので確認しましょう。

日本で募集されているスカラーシップには、日本政府(文部科学省)の奨学金や独立行政法人日本学生支援機構の奨学金、地方自治体や民間団体の奨学金、外国政府の奨学金、日本の大学の奨学金、金融機関の教育ローンなどがあります。

現地で募集されているものには留学先である学校の奨学金や、研究所・民間団体による奨学金もあります。

現地で応募する場合は、1年以上など一定期間の就学後という条件があったりしますので、入学する際は財政証明書が必要となりますし、留学前半の費用は自己負担となります。

現地での応募は、留学してからの方が情報を集めやすいでしょう。

また学校によってはボランティア活動などをすることによって、授業料が減免される場合もあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ