留学後の就職

留学を終えた後の就職には、現地での就職、そして日本での就職の2つの選択肢があります。

日本に帰国して就職する場合、昔であれば人脈0の状態で帰ってきてから就職活動をスタート、というパターンが多かったですが、インターネットが普及した今日では、留学生や留学経験者、バイリンガルのための就職サイトもたくさんありますし、帰国前に就活準備を始めることが可能です。

海外での就職は、現地で強く求められる知識・技術を持っている場合を除いて、簡単ではありません。

例えばアメリカで就職を目指す場合、H-1Bという就労ビザを取得しなければならないのですが、発行数は昔と比べて制限されています。

この競争率が高いビザを取得するには、協力してくれるスポンサー(雇用主)が必要です。エンジニア、プログラマーなど特殊技術を持っていれば比較的簡単にスポンサーを見つけて就労ビザを取れる可能性が高いですが、ビザ取得をサポートしてまで外国人を採用したいという企業はなかなかいません。

就労ビザ取得には弁護士の力が必要になりますが、弁護士費用は安くはありません。スポンサーがその費用を払ってくれる場合は、それだけ企業の負担となってしまいます。余程の知識・技術・才能がないと、難しいでしょう。

それでも現地での就職にチャレンジしたい場合は、勉強はしっかりやりながらスポンサーを見つけるために、在学中からリサーチや人脈作りをして、積極的にインターンシップを受けることです。

アメリカではプラクティカルトレーニングという制度があり、卒業後に1年間の労働が許可されます。

この期間を利用して研修を受けたり、就労ビザをサポートしてまで雇用する価値のある人材であることをアピールすることが可能になります。

1年以上フルタイムの学生でいれば在学中でもプラクティカルトレーニングを受けることはできますが、週20時間しか働くことができないので注意が必要です(パートタイムであっても期間は変わらず、最長1年です)。

このページの先頭へ

  • サイトマップ