留学中はどこで生活する?滞在先のオプション

留学中に快適な生活を送ることはできるの?どんな環境で生活することになるの?というようなことも、気になるポイントだと思います。

生活環境は勉強にも影響が出てきますし、ストレスやホームシックの原因にもなりかねません。特に海外生活が初めてという人は、慣れるまでに時間もかかるでしょうし、慎重に選びたいものです。

選択肢としては、ホームステイ、学生寮、アパート/家があります。

ホームステイや学生寮は、入学する学校が紹介してくれたりセットアップまでしてくれるところも多いので、長期留学のスタートとしてもおすすめです。

アパートや一軒家などは自由度は高いですが、自分で探して手続きもしなければならないので、現地での生活に慣れて語学力もある程度ついた頃に考えても遅くはありません。

アパート/家は、もっと細かく分けると<一人暮らし><ルームメート・ハウスメートとシェア><下宿>というオプションに分かれます。

ホームステイの中にはひどい所もあるので、下宿とごっちゃになってしまいそうですが、下宿は間借りするだけなので、ホームステイと違って家主との交流を目的としたものではなく、食事を用意してくれることもありません。

しかし家主の中には良い人もいるので、ただの下宿人の相談に乗って助けてくれる人もいるでしょう。

留学保険の中には「寮・ホームステイ」を選ぶか、「アパート・借家」を選ぶかによってプランが違い、補償範囲が変わってくるものもあるので注意が必要です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ