専門留学 - アート・デザイン

アートやデザインといった芸術・クリエイティブの分野の専門留学は、本当に幅が広いです。

体験ができるお稽古留学のプログラムも多数ありますが、資格を取れるコース、長期で本格的に学べるコースもたくさんあります。

芸術性・創造性を求められるので、留学中だけでなく、卒業後の競争率も高く、仕事に結びつけるのはなかなか大変でもあります。

しかし夢や情熱を持つのはそれだけで素晴らしいこと。

分野によっては日本では学べない、または十分でないものもたくさんあるので、本場で学ぶことの意味はとても大きいでしょう。

また海外で積極的に人脈を広げて自分の作品が人の目に触れるよう活動していくことによって、自分の才能を活かせるチャンスに出会える人もたくさんいます。

アートの分野に含まれるのは、美術系では絵画、油絵、チョークアート、彫刻など、バレエを含むダンス系、演技やアニメーションを含む演劇や映像、メディア、そして音楽、写真などがあります。

デザイン系ではインテリアデザイン、平面デザイン、立体デザイン、ガーデニング、フラワーアレンジメントや、服、帽子、靴、バッグ、テキスタイル、ジュエリーなどファッション系のデザインまであります。

ちなみにジュエリーデザインの学校が多いのはアメリカやイタリアで、フィレンツェで<透かし彫り><飾り彫り>を学べるコースもあります。

その他のクリエイティブ系分野にはコンピュータアートやウェブデザインなどもあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ