チェンジメーカー留学

チェンジメーカーとは社会起業家の別名で、社会を変革するといった意味合いを持っています。

つまり社会を変えるような活動をしている人のことを指します。

では社会起業家は何かと言うと、社会の課題を事業などによって解決することによって、より良い社会を作ることを目指す人のことです。

ビジネスの起業家との違いは、ビジネスの起業家は年商や年収をベースに実績をはかるのに対して、社会起業家の場合は社会にどれだけ強い効果を与えられたかどうかが基準になります。

社会的企業家は英語ではソーシャル・アントレプレナー(Social Entrepreneur)と言います。

つまりチェンジメーカー留学とは、社会起業家を目指して海外で社会起業を学ぶことです。

シアトルで社会起業を学ぶことができる、アメリカのNPO法人 iLEAP (アイリープ)のSIIS(Social Innovation in Seattle)というユニークな短期プログラムがあります。

シアトルのNPOや社会組織を含む社会事業団体でのインターンシップ、そしてワークショップ形式の講座で構成されたものです。

また、シアトルには新しいことを受け入れる空気があり、ビジネスやIT,アート、NPOなどの分野の人がバランス良く存在するので、ソーシャルイノベーションを学ぶのに適した場所とも言えます。

参加者はインターンシップで実践的体験を得ながら、ワークショップやディスカッションを通して総合的に学習することができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ