専門留学 - 料理

最近ではパン作り・お菓子作りなどを体験できる短期のプログラムの人気が高まってきていますが、現役のプロフェッショナルに専門技術・知識を学べるコースも多数あります。

例えばイタリア料理ならイタリア、パンならフランスというように、本物の味は本場で学ぶのがベストです。

日本では入手できない本場の素材を使い、現地の食生活や料理の歴史に触れながら、とことん追求することができるからです。

このようなコースは体験レッスンとは違い、ディプロマの取得ができるので、将来のキャリアにも有利です。

また、真剣でレベルの高い学生が世界中から集まってくるので、刺激にもなり、モチベーションも高まることでしょう。

料理留学の種類としては、イタリア料理などを含む料理、ケーキデコレーションなどを含む菓子、パン、ワインなどが挙げられます。

料理や菓子、パンのコースでは、調理スキルに加えて経営も学ぶことができるので、シェフやパティシエになるだけでなく、独立開業を目指すこともできます。

ワイン関連ではイタリアのソムリエ協会主催のソムリエ資格取得を目指すコースがあります。

また、ブドウ栽培からワイン醸造、マーケティングまで学べるコースもあるので、ワイン貿易や酒造メーカーといった仕事の可能性も広がります。

他にはバーテンダーやバリスタの専門技術を習得できるコースなどがあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ