専門留学 - 教育

教育系の専門留学には、日本語教師、児童英語教師、英語教師、幼児教育、通訳・翻訳、動物看護学、心理学なども含まれます。

教える技術、そしてコミュニケーションスキルを習得することができます。

日本語教師とは日本語だけでなく、日本の文化や歴史、習慣などを外国人に教える仕事です。

日本語教師を目指すには言語習得学や教授法などを勉強します。

アメリカやオーストラリアに専門学校があります。

同じく言語を教える仕事には英語教師があります。

英語が母国語ではない人に英語を教えるには英語教授法資格であるTESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)の取得を目指します。

この分野もアメリカ、そしてオーストラリアが強いです。

同じ英語を教える教師でも、相手が児童であれば教え方も変わってきます。

児童英語教師になるためには英語教授法だけでなく、幼児教育や児童心理学も必要となってきます。

専門学校はオーストラリアに多く、英会話教室の運営について教えてくれるところもあります。

幼児教育を専門に学んで、保育士や幼稚園の先生を目指すこともできます。

しかし日本で働きたい場合は、日本の国家資格が必要なので注意が必要です。

通訳・翻訳の専門コースでは政治経済やITなど、専門分野の用語を学んで、企業の通訳・翻訳者、またはフリーランスを目指します。

オーストラリアには公的な翻訳・通訳の資格を取得するコースがありますし、カナダにもディプロマを習得できるコースがあります。

通訳は語学堪能であれば誰でもできるという種類の職業ではないので、専門的で実践的なトレーニングが必要です。

翻訳者として就職、またはフリーを目指す場合は、特定の分野の専門用語を学んでおくことが武器となるでしょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ