ファームステイ留学

ファームステイ留学は、牧場や農場などの一般農家に滞在することができる留学形態です。

主な留学先はカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどで、自然や動物が好きな人、農業に興味がある人におすすめです。羊や馬などの動物と触れ合えるもの、果物などの農作物収穫の手伝いをするものなど、選択肢も豊富。農作業の手伝いはかなり大変ですが、一緒に仕事をすることでホストファミリーとの絆を築くこともできるでしょうし、大自然の中での生活を満喫できるはずです。

ファームステイ留学は大きく3種類に分けることができます。

まずは観光型のファームステイがあります。これは農場体験を目的としているものなので、宿泊代・食費を払う必要があります。

数日から1週間ほど滞在し、農場を案内してもらったり、家畜の世話、乳搾りなどの体験をさせてもらいます。

有料ではありますが、のんびりと動物や自然と触れ合うことができます。

2つ目は労働型のファームステイで、ピッキングと呼ばれる季節労働のことです。農場で働いた分の対価を給料としてもらう形になります。

3つ目はボランティア型のファームステイで、ファームや果樹園で労働する代わりに、宿泊費・食費が無料になる形です。

ボランティア型なので、労働型のような給料はもらえません。契約農家を紹介してくれる機関としては、WWOOF(ウーフ)が世界的に有名です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ