看護留学・医療留学・介護留学

医療系の留学には看護師を目指す看護師留学、老人福祉学を学んで介護士を目指す介護留学などがあります。

高齢化社会が進む中、日本だけでなく看護師は世界的に不足していて、医療助手の就職率は100%と言われていますし、アメリカやオーストラリアではインターナショナルナースを積極的に採用しています。

看護・介護の分野での主な留学先はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで、看護師の資格取得を目指すコースや、介護のインターンシップコースなどがあります。

アメリカで看護師を目指す最大のメリットは、最先端の医療現場で最先端の技術を習得できることです。

アメリカも他の国々と同様に、ナース不足の問題を抱えています。看護資格の取得方法は州によって異なりますが、現地の看護協会の適正書類審査をパスしてACCという受験資格を取り、NCLEXという試験に合格する必要があります。

しかし看護師不足でありながらも、就職や永住権取得は難しいというのが現実です。

オーストラリアもまた看護師不足に悩む国の一つで、インターナショナルナースを積極的に採用し、看護師を目指す外国人に必要な環境を揃えています。

看護留学の選択肢も豊富で、看護のインターンシップコースから、日本の正看護師資格を活かせるコース、一から学べるコースがあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ