キッズ留学

キッズ留学の対象年齢は幅が広く、親子留学のケースが多い幼稚園児・小学生から、中学生、高校留学も含まれます。

小さいうちから様々な文化・人々と触れ合うことは将来の人間形成にも役立ちますし、国際人としての基礎を築くことにもなります。

幼少時に色々な国の子供達と遊び、互いを認め合うことを学べば、人種差別をしたり偏見を持つような大人にはなりません。

親御さんの留学や海外赴任への同行などの理由による親子留学・正規留学を除き、一番一般的なのは夏休みを利用した、サマーキャンプなどのプログラムです。

親から離れ、世界各地から集まる同世代の子供達と過ごす環境の中で、語学だけでなく様々なことを学び、自立心を養うことができるでしょう。

このようなプログラムに共通しているのは次の3つです。まず、現地で受ける、ネイティブの先生による語学レッスンでは、生きた語学を学ぶことができます。

次に勉強だけでなく、様々なアクティビティーが用意されていることも特長の一つです。

現地でのメジャーリーグ観戦やダンスパーティーは貴重な文化体験として、忘れられない思い出になることでしょう。

そして学生寮などでの共同生活では世界中からの学生と交流し、友情や絆を築くことができるでしょう。

「かわいい子には旅をさせろ」とは言いますが、やはり幼い子供を一人で海外に行かせることに不安を感じる場合も多いと思います。

そんなときは英語漬けの環境で楽しみながら学ぶことができる<ランゲッジビレッジ>などへの国内留学がおすすめです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ