MBA留学

MBA(Master of Business Administration)は経営学修士という学位のことで、19世紀末にアメリカで誕生しました。

「MBA取得者」「MBAホルダー」と言う場合は、アメリカやヨーロッパのトップ10に入るビジネススクールの修士号取得者を指すことが多いです。

企業経営者の育成を目的としているので、マーケティング、ファイナンスや経営戦略だけでなく、経営の疑似体験など内容はとても実践的なものです。

MBAを目指す人の目的は経営者教育、キャリアアップや転職の武器として、人脈作り(ネットワーク)、そして外国語と異文化の吸収が挙げられます。

アメリカではMBA取得は経営幹部への登竜門となっています。

日本国内のビジネススクールでもMBA取得は可能になってきましたが、やはり海外のビジネスノウハウを学べるメリットからMBA留学の人気は高いです。

社会人はもちろんですが、新卒者のMBA留学生を受け入れる学校も多くなってきています。

各国のMBAコースにはそれぞれ特徴がありますし、難易度も変わってきます。

例を挙げると、アメリカのMBAコースは2年で、世界各地から目的意識が非常に高い学生達が集まってきます。

イギリスは1年の履修期間が主流で、全日制、夜間コースも含めて100以上のMBAプログラムがあります。

難易度も、要求されるTOEFL(iBT)の点数がアメリカでは最上位校であれば100点が必要ですが、中堅校であれば80点です。

職務経験も中堅校であれば1年以上でOKです。イギリスは学校のレベルに関わらずTOEFL(iBT)は100点以上必要ですし、職務経験も3年以上必要です。

推薦状はアメリカでは3通必要なのに対し、イギリスは2通です。

MBA留学を考えるときは、このような条件をチェックする必要があります。

世界のMBAランキングでは1位がイギリスのロンドン・ビジネス・スクール、2位がアメリカのペンシルバニア大学、3位がアメリカのハーバード・ビジネス・スクール、4位がアメリカのスタンフォード大学、5位がフランス/シンガポールのインシード大学、6位がアメリカのコロンビア・ビジネス・スクールとスペインのIEビジネススクール、8位がアメリカのMITスローン・スクール・オブ・マネジメント、9位がアメリカのシカゴ大学ブースと中国の香港科学技術大学ビジネススクールです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ