専門留学 - 音楽

音楽留学とはその名の通り、音楽を志す人が海外で音楽を学び、スキルを高める留学のことです。

海外には日本よりも音楽教育が進んだ国、レベルの高い学校がたくさんあるので、小さな頃から音楽を学んでいる人にとっては、次のステップへと進む選択肢の一つです。

また、音楽の本場であるヨーロッパの国々で勉強すれば刺激を受けるでしょうし、留学することによって仕事などのチャンスに恵まれることもあるかもしれません。

日本の音楽大学に通っている、または特定の先生についている人は、先生に相談するのが一番でしょう。

現地の学校や先生を紹介してもらえるかもしれません。

先生を通さずに別の先生を見つけたり、もともと紹介してくれた先生を通さずに誰かを新しい先生に紹介する、などはマナー違反に当たる場合があるので、注意が必要です。

アメリカに音楽留学する場合は、音楽院と総合大学・大学院の音楽学部、という選択肢があります。

音楽院の特徴は専門性が高いカリキュラムが用意されていること、そして入学時に求められるスキルが高いことです。

クラシックだけでなく、ポップスやジャズを学べる学校もあります。

大学の音楽学部の場合は、器楽科から学術系まで幅広い専攻から選ぶことができます。

音楽院にしても音楽学部でも、日本の音大で器楽科に入ることができなかった人が、器楽科で学位を取得できるチャンスでもあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ