親子留学

留学の形態やニーズが多様化する中、関心が高まっているものの一つが親子留学です。親子留学とはその名の通り、親と子の2名以上での留学です。親子留学の目的は3種類に分かれます。

まずは国際化・グローバル化に伴い、子供の英語教育の低年齢化も進み、子供に小さいうちから国際的な環境で英語を学ばせたいという目的の「子供の留学に親が同伴型」。

次に子供を英語の環境に親しませ、馴染ませると同時に、自分の英語力習得・向上も目的とした「親も子供も留学型」。

そして子供がいたら留学はできないというのは過去の話とし、自分の留学が目的の「親の留学に子供を同伴型」です。

単独での留学に比べて、いつでもどこでも好きな場所へ、というわけにはいきませんが、親子留学を受けれ入れてくれる地域が増えてきているのも事実です。

オーストラリアなど、親子留学が盛んな国もあります。

親子留学の種類は短期留学と、ビザが必要となる3カ月以上の長期留学があります。

親が語学学校、専門学校、大学に通う間、子供は年齢に応じてチャイルドケアセンターや幼稚園、小・中学校などに通います。

一人で自由気ままに留学するのとでは訳が違うので、チェックポイントをしっかり把握して、慎重に準備をする必要があります。

子供の年齢にもよりますが、安心して預けられる託児所、チャイルドケアセンターやベビーシッター。

子供が学齢の場合は現地の教育事情。

子供の送り迎えと自分の通学を考えた上での住まい。

非常事態も考えて余裕のある資金の用意、など等、調べて考えなければならない点はたくさんあります。

数ある親子留学プログラムの中には、1~4週間の親子ホームステイもあります。

親子で一緒に先生の家にホームステイしながら英会話レッスンを受けられるものもあります。

子供2人以上、大人2人以上のプランもあるので、家族全員で海外の文化・生活を体験することも可能です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ