社会人留学

社会人留学とは、名前の通り社会人の留学。社会人デビューしてから海外に行って勉強をするわけですが、社会経験のより長い人が留学を選ぶ傾向にあります。

社会人留学は在学中の留学や学校卒業後すぐの留学に比べると、決して簡単ではありません。

会社を退職しなければなりませんし、お金や時間も限られているので、その中での資金の用意・留学の準備といったハードルがあるからです。

留学資金は多ければ多いほど良いので、貯金をするためにも仕事を続けながら語学の勉強、留学の準備をしなければなりません。

また、既婚者であれば配偶者や子供、両親や親戚、会社の上司や同僚、友人から理解が得られない場合もあるので、失敗は許されないといった精神的プレッシャーとも戦わなくてはなりません。

社会人留学のもう一つのポイントは、帰国後のスキルアップや再就職に繋がる選択をしなくてはならないことです。

学生時代に叶えられなかった夢を実現するための留学も良いですが、目的を明確にして慎重に選ばないと、せっかく会社をやめてまで留学しても後で苦労してしまうことになります。

留学はどんな形であっても経験や人としての成長などをもたらします。

しかし日本の就労経験も半端で、留学の方でも語学力が十分に上がらず専門的なスキルも習得できなかった、となると再就職のハードルを上げてしまうことになります。

語学習得を目指す場合は、例えば英語であればビジネスレベルまで習得する、これから必ず役立つであろう中国語を勉強するといった目標設定が必要になります。

日本では遅れている・学べない分野、仕事に直結した専門分野を選択するのも良いでしょう。

何を学んで得るのかを明確にして留学に挑むことによって、帰国後の就職活動でアピールポイントとなります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ