短期留学

「短期留学」と言っても期間は幅広く、平均1~2週間のプチ留学も含まれます。

昔は6カ月でも短期留学と呼ばれていましたが、今では3カ月未満の留学を指すようです。

短期留学の最大のメリットは、その名の通り期間が短いため、学生でも夏休みを利用したり、長期の休みが取れない社会人でも短い休暇を利用して留学ができることです。

短期留学の目的も様々です。

一番一般的なのは、やはり語学力アップでしょう。

英語に慣れてくるのは3カ月頃から、とは言われていますが、日本語を話すことのできない完全な英語環境に身を置き、1日の授業時間が長い集中コースを選んで英語漬けの3カ月を過ごせば、語学上達も可能になるでしょう。

語学の勉強をしているけれど、なかなか外国人と話すことができない、話せる機会がないという人にとっても得られるものは大きいはずです。

ELSランゲージセンターのように、入学時期や期間を自由に選べて、国・州・都市の選択肢の多い語学学校もあります。

4週間を1セッションとしているので、1か月の留学から可能ですし、1年中どの月からでもスタートすることができます。

また、1日6時間、週30時間という、かなりインテンシブなプログラムが用意されています。

このページの先頭へ

  • サイトマップ