留学とは少し違うワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、二国間の協定に基づいて、異文化の中で休暇を楽しみながら、滞在資金を補うための就労も認められている特別な制度なので、留学や観光、就労を目的とした渡航とは異なるものです。

この制度の目的は、広い国際的視野を持つ青少年の育成、そして国同士の相互理解・交友関係を深めることです。

対象は日本国籍の日本に滞在している18~30歳の人で、一部の国の年齢制限は18~25歳です。

ワーキングホリデーの期間は原則として最長1年で、各国のビザの発給は基本的に一生に一度です。

対象国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港の11カ国です。

まず気になる費用をみてみましょう。

一般的なモデルとして、バイトを半年しながら、語学学校に3カ月通い、旅行も1カ月楽しんだとします。

往復の渡航費や保険料、滞在費、食費、交通費、授業料など全ての支出からアルバイトの収入を引くと、平均して150万~200万円ほど必要になります。

滞在費用を補うために現地での仕事が認められてはいますが、就労を第一目的とすることはできないので、やはり余裕を持った予算の見積もりをおすすめします。

ワーキングホリデーの魅力は旅をすることだけでなく、暮らす、学ぶ、働くことで海外生活を総合的に体験できること、そして滞在先、観光先、旅行先などを自分で考えて行動できることです。

宿泊もホームステイ、ユースホステルやバックパッカーズ、シェアハウスから選べます。

そして現地で体験できることは語学学校だけではありません。

環境保全や社会福祉のボランティア、オーペア/デミペア、インターンシップ、スキューバやバリスタ、スキー/スノボのインストラクターの資格、ファームステイ、日本語教師アシスタント、児童英語教師養成、スポーツや趣味など、体験できることは無数にあるのです。

ちなみに人気の高い国は、一番初めに日本と協定を結んだオーストラリアで、年間1万人以上が渡航しています。

天候の良さもありますが、仕事の時給が高いこと、観光業のバイトが多いことも人気の理由です。

都市別にみるとオーストラリアのシドニー、カナダのバンクーバー、ニュージーランドのオークランドが人気です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ