アメリカ留学 - アメリカの悪いところ

小さな失敗は挙げたらキリがないですが、一つだけ大きな失敗からトラブルに繋がり、最終的に後悔をすることになったエピソードがあります。

アメリカはこういうところが嫌だな、こういうところが不便だな、と思った点は、良い所と同様にたくさんあります。

日本も含め、どこの国に行っても、良い点もあれば悪い点もあります。

特に政治面にまで触れてしまうとキリがないので、個人的に感じたことを挙げたいと思います。

まず、「アメリカ人は謝らない」と良く言われていますが、これはある意味事実です。

文化の違いであり、国民性でしょうから仕方ないのですが、日本だったらこういう場面で絶対謝るよね?というような状況でも謝罪の言葉が一言も聞こえてこないということはよくありました。訴訟大国でもありますから、「非を認めたら負け」みたいなものは感じました。妹は「ソーリーのソの字も出てこない」と言って怒っていましたね。

一番頭にきたのが、間違い電話が掛かってきて、こちらが「違いますよ」と言うと、謝るどころか何も言わずにガチャっと切られたことが何度もあったことです。

でも身体がぶつかった、またはぶつかりそうなときは、必ず「エクスキューズミー」と言われました。

最近日本ではあまり聞かれない言葉です…。

謝らないこととも関係がありますが、日本人の私には言い訳にしか聞こえない「主張」にうんざりしてしまうことも多々ありました。

事務のおばちゃんや、カスタマーセンターの兄ちゃんだけでなく、一緒に芝居を作っている仲間でさえ言い訳主張をするので、ケンカになったこともあります。

例えばいついつまでにやると約束したものが出来上がっていなかった場合、なぜ出来なかったのかを相手は延々と「主張」するわけです。

それを「言い訳」にしか取れなかった私は、「言い訳は分かった。で、何でできてないの?あなたは確かに約束したよね?どうするの?」と責めるわけです。

今では私の方も大人げなかったと思いますし、彼らをもっと上手く動かす方法はあったのだろうなと少し反省しています。

もう一つ挙げるとすれば、事務作業が苦手なのか、ルーズな面があったことでしょうか。

例えば卒業単位が足りていると思ったのに、アドバイザーの数え間違いで、あと1単位だけ取るのに1学期滞在を伸ばさなくてはならなくなった知り合いがいました。

妹も似たような被害に遭っていました。

でも私は元々慎重な性格だったのと、留学ガイドにアメリカは自己責任の国だから確認なども全て自分で行わなくてはならないと書いてあったので、ダブルチェックは怠りませんでした。

アドバイザーとの卒業単位確認の面談でも、私の方がこれは足りていて、これがまだ足りていないなど説明する側だったので、「あなたの方が良く分かってるわね」と言われたぐらいです。

しかし侮辱されたことなどはないですし、リスペクトされていないと感じたことも一度もありません。結論としては、どんな経験も勉強になり、自分の成長に繋がったと思っています。

このページの先頭へ

  • サイトマップ