アメリカ留学 - チップ

アメリカでの留学生活の中で、結構面倒でストレスに感じることもあったものの一つが「チップの計算」でした。

もちろんアメリカにチップを払う文化があることは知っていましたし、留学ガイドでどういう時にいくらぐらい渡さなくてはならないのかも学んでいましたし、低賃金のウェイター・ウェイトレスの生活がチップ収入にかかっていることも理解していました。

でもチップを払うことには問題ないのですが、慣れるまで苦労したのはその計算です。

留学した当初は、一般的なチップのパーセンテージは15%で、後に20%となりました。

タクシー料金はチップを含めた額をキャッシュで払いますし、ホテルのベルボーイさんなどにもキャッシュで渡します。

レストランなどではテーブルに現金で置いても良いですし、小切手で支払うときはチップを含めた金額を記入し、クレジットカードであればレシートにチップの額を記入する欄があります。

友人などと複数で食事に行ったり飲みに行ったりする場合は、食事代は別々に払ったとしても、チップはキャッシュで適当に集めて、集計係みたいな人が合計額に対して十分な額かどうか確認していました。

そういう時、日本人である私は「日本人は数字が得意なんだから、計算してよ」と言われるのですが、「日本にチップの文化はないし、アメリカの文化なんだから計算してよ」と言い返したりしていました。

結局チップの計算は最後まで苦手でした。

後で計算してみて少な過ぎたことが判明して「あんなに色々サービスしてくれたのに…」と申し訳ない気持ちになって後悔したり、逆にいっぱい渡し過ぎて友人に「多過ぎ!」と怒られたり、の連続でした。

言い訳になりますが、特に酔っぱらっているときなど、すぐその場で計算するのは結構大変です。

相手が待っていたりすると余計に焦ります。

日本に帰国したばかりの頃はレストランでも「あ、チップ!…そうだ、払わなくていいんだ」とホッとしていました。

たまにタクシーを利用するときは、今でも頭の中で自動的にチップの計算をしてしまいます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ