アメリカ留学 - 学生のファッション

私が留学したミネアポリスは中小都市だったこともあると思いますが、カジュアルな服装の学生が多かったです。

勉強をするという目的に、とても沿っていると思いました。

ロサンゼルスの学校に進学した妹は、ミネソタに比べてオシャレな人が多いと言っていたので、やはり大都市の方が学生もファッションにこだわるのかもしれません。

ミネアポリス周辺でもパンクっぽい男の子や、セクシー系のファッションにメイクもきめている女の子もいましたが、やはり一番多いのはジーンズにTシャツ+スニーカー(夏であれば短パン+Tシャツ+サンダル)といったラフなスタイルでした。

パーティーなどではオシャレをしても、学校ではすっぴんにメガネという人もいました。

一番楽だったのは、何を着ていても人目を気にしなくても良いことです。

勉強をしに学校に行っているわけですから、服装も人それぞれで、各自が好きなものを着れば良いわけです。

第一お金がない学生が多いですから、良いものは買えません。

もちろんファッション系の勉強をしている人やもともとオシャレに興味がある人は、オシャレを楽しめば良いと思います。

でもそうでない人は、どんな恰好をしていても「あいつダサい」と言って指差されることはないでしょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ