アメリカ留学 - 英語も日本語も半端な時期

留学1~2年目の頃の英語力は、確かに日常会話に困るということはありませんでしたが、大学の授業に付いていくのも必死でしたし、やはりまだまだと感じていました。

おまけに自分の専攻であるシナリオの課題に必要なライティング力もまだ十分ではなくて、正直焦ってもいました。

でも英語力がまだまだ追い付いていなくても、自分の母国語である日本語は悲しいことに、どんどんサビついていくのです。

日本の家族に電話も入れていましたし、日本人留学生と会話する機会もあったにも関わらず、ちょっとした単語や言い回しが出てこないのです。

英語学校で出会った日本人の親友と、「私達って英語も半端なのに、日本語もどんどん忘れて、ただのバカになってきてるよね」などと良く言って笑っていました。

そんな自分を笑ってもいましたが、かなり落ち込むこともありました。

でもこれから留学する人、現在留学中でこのような悩みを抱えている人は、この時期を乗り越えてほしいと思います。

停滞しているように思えて辛いのですが、後で振り返ると一番の成長期だったと気付くはずです。

あるとき突然、「あれ、もしかして英語が少し上達してる…?」と感じると思います。

日本語を自由に操れなくなるのは少し悲しいですが、母国語なので後で何とでもなります。

他の日本人留学生も英語交じりの適当な日本語で話していますし、日本語対策は帰国や就職が決まってから考え始めても十分間に合うので、大丈夫です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ