アメリカ留学 - 病院

私は日本では20年以上医者にかかったことがないのですが、アメリカに留学中は、3回も病院のお世話になってしまいました。

1度目は未だに原因不明なのですが、レストラン&バーで意識を失い、救急車で病院に運ばれました。でも診てもらっても何も問題は見つからず、すぐに帰ることができました。

2度目は膀胱炎でした。実は留学1年目に一度なりかけていたのですが、そのときは無理矢理自分で治してしまいました。

ちゃんと治療をしなかったせいか、2度目の方が重症で、かなり惨めな思いを味わいました。

友人に相談すると、「産婦人科」に行くよう言われました。

私は泌尿器科だとばかり思っていたのですが、アメリカでは膀胱炎は産婦人科にかかるのが一般的だと説明されました。

何だか抵抗がありましたし、案の定性生活について細かく記入させられましたが、処方してもらった薬のおかげですぐに治りました。

3度目は生まれて初めての捻挫でした。その頃アルバイトしていた会社の社長夫人が医者で、彼女の勤めるクリニックに連れていってもらいました。

知り合いだったためか請求書が来なかったので、診察料を払わずに済んだのですが、治療方法が良くなかったのか(マジックテープが付いた物で固定)筋肉が固まってつま先立ちもできなくなってしまい、完治まで4-5カ月もかかってしまいました。

日本では病気もケガもしない私が、たった8-9年の間に3度も医者にかかったことを考えると、やはり気の緩みだったのかなぁと思います。

このページの先頭へ

  • サイトマップ