アメリカ留学 - 留学前の情報収集方法

私が留学準備を進めていたのは1993~1994年頃のことなので、もちろんインターネットで調べるなどという方法はなかった時代です。

もっと原始的な方法で情報収集をしていました。

当時、最も一般的だったのは、留学関連の本や雑誌で情報を集めるというやり方でした。

もちろん私も本を数冊と、「留学ジャーナル」を購入するところからスタートしたと記憶しています。

雑誌からは主に学校の詳細な情報を得て、本からは学校情報の他、ビザや渡航準備、留学に関する注意点などを学びました。

初めは語学留学すると決めていたので、その頃英語を教わっていたアメリカ人の先生とも相談しながら英語学校を何校かピックアップし、先生に手伝ってもらいながら学校資料リクエストの手紙を書き(米軍基地内の郵便局から出してくれたので、アメリカ国内の郵送料で済みました)、資料を集めました。

それ以外の情報収集は、人から直接聞くという方法です。

留学だけではないですが、何かを目指していると自分も自然にアンテナをはってしまいますし、情報も入ってくるものです。

アメリカの生活などについては英語の先生の他、滅多に帰国することのなかった親戚に会う機会があったので、色々教えてもらいました。

他にはバイト先で、アメリカ留学中なんだけど一時帰国している、という人に出会い、本などには書かれていない疑問点などを全て聞いてみることができました。

現在はインターネットという便利な物で、学校の情報だけではなく体験談などもゲットすることができるので、今から留学する人が正直羨ましいです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ