アメリカ留学 - 日本人留学生との会話

日本人留学生同士の会話というものは、結構ひどいです。

何がひどいかと言うと、語学レベル・会話レベルです。

バイリンガル同士であれば、完璧な英語と日本語が混ざった会話にもなりますが、日本人留学生の場合は英語力もそこまで高くないので、基本的に英語では話しません。

英単語がたくさん混ざった日本語になるのです。

なぜそのようなことになるかと言うと、日本語の単語や言い回しが出てこないと、英語で言ってしまった方が楽だし、それで相手にも通じてしまうからです。

たとえばクラス登録の話をしていれば「登録した?」ではなく「レジスターした?」となります。

「心理学を専攻しています」は「メジャーはサイコロジーです」となったりします。

日本だったら「何だよあいつら、私達英語喋れますって顔しやがって」などと思われそうな会話です。

日本語がサビつくのが嫌な人は、留学中でも日本語を話す機会があったら積極的に日本語の単語を使うようにした方が良いでしょう。

英語習得の方が最優先なので常にそうする必要はないですが、たまには日本語の単語・言い回しが使えるかどうか、自分でテストしてみると良いと思います。

今でも日本で出会った留学経験者や帰国子女、留学中にアメリカで知り合った友人、アメリカにいる妹と話すときは、使用するボキャブラリーが多少変わるのを感じます。

英単語混じりの日本語は、何だか適当で楽なのです。

それに最近は日本語として使われる英単語も増えてきているので、「これは使って大丈夫な英語かなぁ…」とびくびくする必要もありません。

このページの先頭へ

  • サイトマップ