アメリカ留学 - 留学に向いていない人

留学に向いていない人の条件は、向いている人の条件同様、色々考えられると思います。

例えば何かから逃げて留学する人。

日本で色々あったから少し休暇を取って、冷静に客観的に自分を見つめ直したいなどの理由で短期留学をするのは良いと思います。

でもそのまま目的もなくずるずる居座って、親のクレジットカードを使いまくり、おまけに勉強も適当というのは逃げです。

目的がなくて挫折してしまうケースは多いです。

確かにアメリカの大学は入学する前から専攻する科目を決めておく必要はないですが、モチベーションを維持しておくためにも、小さい目標でいいので何か持っておいた方が良いと思います。

知り合いに高校を中退してアメリカの大学に留学した人がいます。

実はその人、アメリカという国が最初からあまり好きになれなかったそうです。

でも「もう後がない」と自分に言い聞かせて4年間頑張り、今では大学で学んだことをフル活用して、日本で活躍しています。

留学に向いていない人の条件としてもう一つ挙げられるのが、消極的な人。

ここでの意味はシャイとか控え目な性格という意味ではありません。

全て受け身で人任せのタイプを指します。

妹が留学当初はこのタイプだったので、何度か注意したことを覚えています。

アメリカでは「言われなかった」ではなく、自分から聞いていく姿勢が必要です。

言われたことをただ素直に「はい、はい」と受け入れるのではなく、少しでも疑問を抱いたら聞いて確認することです。

何も言わずに「黙ってても分かってほしい」というのは通用しません。

何でも人任せの人は、ひどいと何かトラブルが起こったときに「あのアドバイザーが教えてくれないから…」、「大家さんに説明されなかった…」などと言い訳をして責任転嫁する人もいますが、損をするのは自分です。

そこまでひどくなくても、何か困ったことや悩んでいることを、全て自分の中に溜めこんでしまうのも良くありません。日本ではこんなこと誰にも言えないなぁ、というようなことでも、アメリカではごく普通のことというのも良くあるので、とりあえず誰かに相談してみましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ