アメリカ留学 - 日本語なまりの英語

多民族国家のアメリカでは、アメリカ英語以外にもたくさんの英語が耳に入ってきます。

スペイン語圏出身の人達はスペイン語なまりの英語を話しますし、日本人には日本人特有のアクセントがあります。

留学生活前半では、自分の話す英語がアメリカ人のものとは違うことが分かっていましたし、多少コンプレックスも感じていましたし、日本語なまりを直すこと=英語上達だと思っていました。

しかしある時、「それがあなたの個性だよ」と言われて、私の考えは変わりました。

喫煙所で出会った通りすがりの人との短い会話だったのですが、その人に言わせれば標準のアメリカ英語なんて皆と同じでつまらなく、私のアクセントは日本人である私特有のものだし、ちゃんと通じる英語なのだからなまりを大事にして直す必要はない、ということでした。

後で振り返ってみると、その人が私に教えてくれたのは、「私が何者であるか」、つまりセルフアイデンティティーでした。

その日から自分は日本人なのだということを改めて考えて受け入れ、それを逆に自分の個性としてアピールする姿勢を取るようになったことで、その後の留学生活も精神的にずいぶん楽になりました。

例えばアメリカで俳優を目指す人などは、日本語なまりの英語と標準アクセントの両方を操れた方が良いでしょう。

ネイティブレベルが目標であればそれも良いと思います。

でもそれ以外の人は、コンプレックスを感じる必要はないし、アクセントを無理矢理直す必要もないというのが私の考えです。

このページの先頭へ

  • サイトマップ