アメリカ留学 - 年齢制限

留学するまでアメリカは「自由の国」というイメージがあったのですが、実際に行ってみると日本よりも厳しいなと思うところもたくさんありました。

例えば飲酒や喫煙の年齢制限などです。日本にも一応20歳という年齢制限はありますが、未だにゆる~い印象です。

アメリカにも抜け穴がないわけではないですが、日本人の目から見ると徹底していました。

私は21歳になる少し前に渡米しました。

そのため、慣れない生活にストレスもたまる留学最初の数カ月は、お酒を我慢しなくてはなりませんでした。

語学学校の友達はほとんど年上だったので、クラブやバーにも連れていってもらえず、「日本でちゃんと成人しているのに…」とブツブツ文句を言っていました。

タバコを買うときも必ず身分証の提示を求められました。

毎回毎回面倒なので、近所のタバコ屋さんでカートンで購入するようになってからは、顔を見ただけでIDはいいよと言って、銘柄まで覚えてもらえましたが…。

あるとき飲酒の年齢チェックが急に厳しくなったことがありました。

アルバイト先の社長とゴハンを食べるときに、社長がワインを注文すると、若いウェイトレスが「IDお願いします」と言いました。

50代後半の社長は私を指して「彼女なら若いから分かるけど、冗談でしょ?」と苦笑いだったのですが、ウェイトレスは規則なのでと言い、社長も仕方なく身分証を出していました。

このページの先頭へ

  • サイトマップ