アメリカ留学 - ペット

動物が大好きで、動物のいない生活は考えられないという人は、留学中もペットを飼いたくなるかもしれません。

でも個人的にはおすすめできないです。

永住するつもりでグリーンカードも取得済みであれば良いですが、基本的に留学生には常に移動の可能性が付きまといます。

ルームメートがボーイフレンドと同棲を始めると言いだせば引っ越さなくてはならないし、大学進学のために他州へ移動するかもしれませんし、労働許可証も永住権も取れなくて日本に帰りたくなくても帰らなくてはならない可能性もあります。

生活環境や飼い主が変わることは、動物にとってとても大きなストレスになります。

知人の中にはペットを人に預けて他国へ留学してしまった無責任な飼い主もいます。

結局可哀想なのは、人間の都合に振り回される動物なのです。

自分で飼わなくても、動物と触れ合うことができる環境はあります。

私は初めからペットのいるホストファミリーを希望して、ネコ1匹・イヌ1匹がいる家にホームステイすることができました。

動物を飼っているホストファミリーや下宿先、ルームメートを探せば、動物と一緒に暮らすことができます。

あとはペットを飼っている友達をいっぱい作って、しょっちゅう遊びに行きましょう。

アパートで暮らすようになってからは、何度か動物を飼いたい誘惑にかられました。

そこで始めたのがネコのシェルターでのボランティアです。

こういった動物保護施設が、アメリカにはたくさんあり、常に人手不足なので断れることはないでしょう。

仕事内容もゴハンをあげて掃除をして、後は動物と遊べます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ