アメリカ留学 - 人気の地域・大学

アメリカの現在人気の留学先を調べてみると、私が留学前に情報収集をしていた頃と変わらず、カリフォルニア州(ロサンゼルスやサンフランシスコ)、ニューヨーク、ボストン、シアトル、フロリダ州、ハワイなどがランクインしています。

その他にも都会だけどニューヨークやロサンゼルスほどは大きくない程良いサイズのシカゴも、昔から留学先として人気があります。

実はシカゴは、4年制大学への編入時に最後まで迷った都市でした。

留学していたミネソタから割と近かったこともあって2度行ったことがありますが、大きすぎない都会という印象で、便利そうで住み心地も良さそうでした。

シカゴに移ったアメリカ人の友人に聞いたところ、郊外に住んでも電車があるので、都心部に通うのに車がなくても不便はないと言っていました。

人気の都市・大学は、メジャー(専攻分野)によっても変わってきます。

演劇やダンス、アート系を学ぶためにはニューヨーク市を選ぶ人が多かったですし、写真系はユタ州やサンフランシスコに良い大学があると聞きました。

私はシナリオ専攻だったので、映画製作コースも充実した大学のスクリーンライティングのコースを色々調べていました。

映画製作とスクリーンライティングが揃った人気大学は、やはりハリウッド周辺やニューヨークに集中しています。

UCLAとして知られる University of California Los Angeles (カリフォルニア大学ロサンゼルス校)、USCとして知られる University of Southern California (南カリフォルニア大学)、NYUの名で知られる New York University (ニューヨーク大学)が有名ですが、授業料も競争率も高いです。

もう少し授業料が抑えられるところでは、シカゴのダウンタウンにある Columbia College Chicago (コロンビア・カレッジ・シカゴ)があります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ