アメリカ留学 - 数学

アメリカ人学生や他の国からの留学生と比べて、日本人留学生が得意と思われたものの一つが数学でした。

日本人が数学に強いということは一般的にアメリカ人にも知られていることで、「日本人なんだから数字には強いでしょ?」と何度も言われたことがあります。

実は私はあまり数学が得意ではないので、「日本人だから暗算ができる」と思い込んでるアメリカ人にあきれてしまうこともありました。

しかし周りにいたほとんどの日本人学生にとって、大学代数などは簡単に「A」の成績が取れるものみたいでした。

私も他のクラスに比べたらそれほど苦労することもなくクリアできたので、やはり日本人が数学に強いというのは事実なのでしょう。

アメリカ人学生が数学の宿題に頭を悩ませているのを見ていて気付いたのは、とにかく方程式系のものが苦手なこと。

私はもともと数学が苦手な方ですし、自分の専攻分野にもあまり関係がないので、方程式などは公式にばんばん当てはめてパズルのように解いていくのを楽しんでいました。

しかしアメリカ人にそのようにアドバイスしても「でもどうしてこうなるのかが分からない」と言って納得しないのです。

やはり良く考えるのは国民性なのだなと思い、その知人には証明問題ばかりをやらされる数学のクラスがあるよ、きっとその方があなたに向いてるよ、と教えました。

実際、なかなか良い成績を取ることができたようです。

ちなみに私は中学・高校の頃、数学の証明問題が一番苦手でした。

カレッジ・アルジブラ(大学代数)は2年制大学・4年制大学の一般教養課程に含まれているはずです。

大体の日本人にとって、少し楽できるクラスとなるでしょう。

また、多少数学が得意な人で、他のクラスの成績が低い人などは、複数の数学のクラスで点数を稼いでおくという手もあると思います。

このページの先頭へ

  • サイトマップ