アメリカ留学 - アメリカの特徴

留学してみて、私から見たアメリカの第一の特徴は、とにかく広大な国であること。日本のように首都一極集中ではなく、都市が分散していてそれぞれの地域の特色があります。

留学先は都市や州、地域の特徴で選ぶこともできますし、自分に合った気候で選ぶこともできます。

また、学校・専攻分野の種類と数も多いので、選択の幅がとても広いです。

専攻を途中で変更することも可能ですし、専攻の中で選べるクラスも豊富ですし、先生に相談をすれば何かと融通も利きます。

第二の特徴は、多民族国家であることです。

これには正直軽いカルチャーショックを受けました。

バリバリのアメリカ人でも聞いてみるとお母さんがポルトガル人だったり、お祖父ちゃんがドイツ人という世界です。

肌の色も様々ですし、外国語訛りの英語を話す外国人もたくさんいます。

とにかく国際色豊かなことにドキドキしました。

色々な国の料理も食べられますし、それぞれの文化に触れる機会もあります。

世界中の人達と、一国で交流できるという感じです。とても貴重な経験になるでしょう。

注意点は選択肢が多過ぎることかもしれません。

留学の目的が明確であれば、選択肢は多ければ多いほど贅沢で嬉しいことですが、まだ決まっていない人は迷ってしまうかもしれません。

今はインターネットも普及しているので、情報の数も半端ではないでしょう。

選択肢の多さについてはアメリカ人の友人もぼやいていました。

「これだけの選択肢があるのに、何をどう選択したら良いかという選び方は誰も教えてくれない」と。

これは今の日本にも言えることかもしれませんね。

でも何でも相談に乗ってもらえることもアメリカの特徴。

遠慮せずに先生やアドバイザーと相談しながら、友達・クラスメートから情報を収集して、慎重に選んでいきましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ