アメリカ留学 - 日本人学生が得意なこと

日本人には馴染み深いマークシート方式のテストを受ける機会は、アメリカ留学中にも何度かありました。

ELSランゲージセンターではプレイスメント・テスト(レベル分け試験)、中級から上級へのレベルアップ試験、そして卒業試験がマークシートでしたし、2年制大学でも、いくつかのクラスの期末テストがそうでした。

当時はTOEFLもそうでしたね。英語学校でも大学でも感じたのは、受験戦争を乗り越えた経験のある私達日本人留学生に比べると、アメリカ人学生(と一部の留学生)の方がマークシートが苦手なのだな、ということでした。

マークシートは答えが分かっていれば良いですが、分からない場合は消去法であり得ない答えから消していきますよね?

そのようなテクニックを知らずに、引っかけの選択肢にまんまと引っ掛かってしまう生徒がいっぱいいました。

日本の受験が役に立つこともあるのだな、と思いました。

短大では理数系のクラスを取らなければならなかったのですが、物理のクラスを取ると良い、と日本人学生全員が言っていたので、私も取りました。

理由は先生が毎回同じ系統の問題しか出さないので、過去問さえ入手して勉強しておけば、必ず「A」を取ることができたからです。

クラスメートが「このクラスは難しい、難しい」と悩んでいたので、過去問のことを教えて見せてあげたのですが、どう活用して良いか全く分からないようでした。

日本人はこずるいことが得意なのだな、と思いましたが、私は勉強時間をできるだけ脚本執筆の課題に充てたかったので、こずるい方法も利用しました。

しかしGPA(成績の平均)が低い留学生は上げる必要がありますし、2年制大学からレベル・競争率の高い大学への編入を狙っている人も、高い成績をキープしておかなくてはなりません。

日本人は登録する前に、それぞれのクラスの試験がマークシートか、それとも難易度の高い書き込みテスト(全て説明)かを確認しておくことをおすすめします。

このページの先頭へ

  • サイトマップ